実家の片付けはどこから始めるべき!?私の体験談。

実家の片付けをはじめたいけど、どこから手をつけていいか悩んでいる方って非常に多いようですね。

お恥ずかしながら、人様の断捨離や片付けブログを見るのが大好きでして。。(ものが無くなっていく過程をみると私までスッキリします#^^#)それもあって、検索過程で


実家を片付けたいけど、もうどこから始めていいのかわからない・・・


というのをよく目にするんですよね。
まぁ、私の場合見切り発車で始めたので参考になるのかどうかはわかりませんがそれなりに、良かったこと・反省すべきだったことが(反省山ほど)ありましたので今日の記事が少しでも役に立てれば嬉しく思います。


偉そうなことは言えませんが、まず


実家の片付けは自分のものから!これ鉄則!!


ですね。我が実家以上に片付けが困難な家もあるかと思いますが、目の前がいくら散らかっていようがまず自分のモノ以外には手をつけないのが良いのではないかと思います。


逆の立場に置き換えてみたらわかりやすいかと思いますが、急に誰かが自分の家の中の物をガンガン捨てたり片付けし始めたらびっくりするし、ちょっと抵抗してしまいますよね。例えそれが家族であっても。一緒に住んでいるのなら少しは反応が違うでしょうが、もう独立して別世帯として暮らしているのならばそれは他人が自分のテリトリーを荒らしているのと同じ気分になるのではないでしょうか。


きれいにするぞ!と意気込んでいるのは自分だけ。と自覚しておくのも大事かと思います。




スポンサーリンク




私は汚実家のどこから手を付けたかというと、たまたま自分の物から片付け始めたのですが結果的にそれで正解だったと自身を持って言えます。

自分の物の片付けが大体終わり、徐々に家のものに手をつけていったのですが本当に実家の片付けや断捨離って大変です。だって親子(兄弟)といえども自分の物じゃないんですもの!他人の物と同じですよ。人が長い歳月をかけて集めてきた物、作り上げてきたライフスタイルを崩すっていうことなんです、実家の片付けをするということは。ぜひそれを忘れずに始めてほしいなと思います。

なぜここまで大げさに(いや、大げさではないです)言うかというと、これらの自覚が足りなかったばかりに何度も失敗しているからなんですね。。(汗)
勝手に兄弟のものを捨て注意されたり、がっかりされたり(←意外とコレダメージくらいます)、父とバトルもあったし、抵抗にもあったし、触ってないものまで捨てただろ!と怒られたり(マジです)・・・
私何のために誰のためにきれいにしてるんだろう・・(;´Д`)。って落ち込んだりもしました。


前置きが長くなりましたが、兎にも角にも実家のどこから片付けていくかというのは


絶対自分のものから!です。


自分のものから片付けると色んなことに気が付きます。


・自分のものが意外とたくさんある
(わたしのものはほとんどないと思っていたのに予想以上にありました。洋服・雑貨・文房具・写真・手帳・プリクラ・靴・引っ越し過程で実家に一時置きしていた荷物・手紙・本などなど)

・簡単に手放せると思っていたのに、いざ断捨離しようとするとできない
(空白の法則に従いバンバン処分するぞ!と思っていたのに状態が良いものが出てくると手が止まってしまい、売ろうか・・寄付しようか・・誰かにあげようか・・など色んなことを考え予想以上の時間がかかりました。売ったり自腹きって寄付にだしたりもしましたけどね。)

・分別が非常に面倒
(燃えないゴミ、燃えるゴミ、何に属するかわからないゴミ、処分にお金がかかるゴミ、捨てるのに手間がかかるゴミ、ヘアスプレーや中身が液体のものなど、自分のものだけでかなりの労を実感できます。)

・ホコリ対策が必要だと気づく
(ほこりで目がシパシパ、鼻がむずむず、喉の奥が痛くなる、体が痒くなる、足の裏が黒くなる、手も汚れる、服も汚れます。)

・収納グッズが無駄だったと気づく
(収納グッズが無駄なものを引き寄せていると気づきました。きれいに片付け収納グッズにまとめ、そして空いたスペースにまた物が増えるのだと・・。そして収納グッズは基本的にプラスチックの類が多いので捨てるのにかさばります。)

・思い出の品の選別はひじょーーーに時間がかかる
(ハイ捨て!さよなら!とはいきません。手放してしまえば意外となんともない。ということもありましたが、これは結果論というもので、残すのか捨てるのか残すとしてもどのように残すのか、データ化するのか箱にまとめるのか、ほとんど見ることのない卒業アルバムは・・など頭がパンクしそうになりました。)


なんかまだまだ気付きがでてきそうな気がしてますが、ここまで読んでみていかがでしたか?自分のものだけでもそうとう大変です。でもいい練習(?)になると思うんですよね(^^)。ちらかった、もしくは汚れた実家のどこから片付けたらよいか考えながらご自分のものを片付けてみてください。実家のものの片付けを開始するころには親の生活スタイルを尊重しつつ片付けたり、優しい気持ちで話し合いに臨めたりするのではないかと思います。

自分のものを片付けるとこんな利点もあります。


・空いたスペースを利用して片付けがスムースにいく
(いるもの・いらないもの・保留の一時置きに使えます。いらないものと決めたものでもすぐ捨てられないですからね。ゴミ出しの日が決まっているし。)

・家族が自分をみて片付けをし始める
(コレ!この効果よく耳にしますよ!そして我が汚実家でもそうでした。ばんばん片付ける私を見て母が感化されました。しかも今までは片付けても捨てるという選択肢がなかったみたいですが、私を見て断捨離にはまりました。これはあとあと大きな力になりましたよ!我が家の抵抗勢力の父も少しではありますが2~3自らの意志でものを手放してくれました。)

・気の流れが良くなったのを実感できます
(わたくしスピリチュアル系は全くと言っていいほど無関心なのですが、さすがの私もわかりました。空気がきれいになった感じがして、何とも表現し難いですが・・うん、良い気というのが一番適切な言葉ですね。それを感じることができました。)


なんか、実家のどこから片付けていいのかという問題に自分のものからです、と一つしか答えていないのですが気づけばこんなに語ってしまいました・・(^_^;)お恥ずかしい。
しかしながら、私は実家の片付けをしようと思うのであればまず自分のものをすべて片付けてから取り組むべきだと思っています。実家の片付けでどこから始めるべきか悩んでいる方の解決の糸口になれましたら幸いです。

また私の体験談でお役にたてそうな気付きがありましたら発信していこうと思います。では。




スポンサーリンク



この記事へのコメント

スポンサーリンク