神様は見ている…。人の物は勝手に断捨離してはいけません…

先日、回収業者を利用してまたも大掛かりな断捨離をした記事を書いたのですが、実はその裏でちょっとした出来事が起こっていました。しかもそれは

神の仕業かっ⁈ ┌(; ̄◇ ̄)┘

と思わざるを得ない、私にとっては恐怖の出来事でしたので今日はそれを記事にしようと思います。


では…

今回また回収業者を使うことに決め、断捨離した物たちを2階の部屋に集めていました。
というのも1階に置いていると必然的に父の目にも触れる事となります。また何か言われるかもという心配もありましたし、さらに父によりせっかく手放すと決めた物がもとに戻される可能性もありましたので、なるべく父にはまだ断捨離が続いている事を悟られないようにしていました。

そして、せっかく回収業者に来てもらうのだからと

父が捨ててはいけないと言った本たち

をどさくさに紛れて処分してしまおう!と母と決めました。
本は通常、廃品回収の日に出すのですがそれは父の仕事なので、万が一その本たちを廃品回収の日に出そうものなら父にもろバレなのです。
なので今しかない!とばかりに母と作戦を練ったのでした。
母も共犯者です ^ ^

念のため空になった衣装ケースの中につめ、予定日は母の仕事の関係上平日は無理だったので土曜日に(父は土曜も仕事です)、父が家を出てから荷物を運び出し、そして父が確実に近くにいない10時〜12時の間に回収業者に来てもらうことに決まりました。

計画は万全です。


しかし…



予定日の前日の夜、おもむろに父が


「明日俺ゆっくりでいいっちゃん。」


…。


…。



…え? なんですと⁈⁈ Σ(゚д゚lll)



まさかのゆっくり出勤宣言!

思いもよらない発言に驚き過ぎて吹き出しそうになりました。いやいや、タイミング良過ぎやろ‼︎笑
母も同じ感情だったようで二人で笑いを堪えるのに必死でした。

それから母と私の寝室にて会議。 (^_^;) ま、まままっ、大丈夫でしょう。お父さんが出たあと急いで運び出しましょ。という結論に至りました。まぁ、それしか言えないですからね 汗。


そして翌朝。

無事(⁉︎)父を送り出し、急いで2階から駐車場へ荷物を運び出し終え、ジャスト業者到着。


ささっ、サクッとトラックに荷物を乗せてサクッと行っちゃってくださいっ (=´∀`)人(´∀`=)



という所でまさかの…


IMG_6916.JPG



Σ(゚д゚lll) Σ(゚д゚lll) Σ(゚д゚lll) Σ(゚д゚lll)



昨晩のゆっくり出勤宣言のわけは、家の近くで仕事の用事があるからという理由で、今父が現れてしまったのはその用事が終わったからお昼ご飯を家で食べてから会社へ行こうとしていたからなのでした…



おぉ…神よ…あなたはなぜそんなに私に試練を与える…



しかもこのタイミングで。

IMG_6917.JPG


衣装ケースの中の本はバッチリ見られました。うぅっ、父の視線がイタい…



とまぁこんな出来事があったわけですよ。そのタイミングの良さ?には本当に恐怖を感じました。精神的にもすんごく疲れましたしね。あぁ、練りに練った計画は何だったのだろう…チーン。

以前にも兄の物を勝手に捨てて、10年以上放置してたくせになぜかその物の所在を聞かれ焦った、という事がありました。(いやいや、反省してないんかい!みたいな)

改めて物には魂があるんだと思っちゃいましたし、人の物は勝手に断捨離してはいけない←当たり前 と思い知らされましたね。

神様は見ています…。家族とはいえ、人の物を勝手に断捨離しようとしている方はどうぞお気を付けください。
どうか私のような恐怖を味わう事のないように…。


最後に余談です。、今回の断捨離は結局父にもろバレしてしまったわけなんですけど、父からは特に何か言われるということはありませんでした。まぁ目は何か言ってましたけどね 汗。鬱陶しかった父の荷物含むたくさんの物たちをなんだかんだで全て運び終える事ができて良かったです (=´∀`)人(´∀`=)

長くなりましたがまだまだ汚実家の片付けは続きますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
チャンチャン 🎶



スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク